Preview

WEBSCANで検出できる脆弱性

CentreCOM AR260S V2 における権限昇格の脆弱性

危険レベル:
危険スコア: 5.2
2017年03月30日

アライドテレシス株式会社が提供する CentreCOM AR260S V2 は、有線 LAN ルータです。CentreCOM AR260S V2 には、権限昇格の脆弱性が存在します。 この脆弱性情報は、情報セキュリティ早期警戒パートナーシップに基づき下記の方が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。 報告者: トレンドマイクロ株式会社 Ziv Chang 氏

想定される影響

アカウント「guest」で当該製品にログイン可能なユーザによって、管理者権限で任意の操作を実行される可能性があります。

対策

[ワークアラウンドを実施する] 次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。 *アカウント「guest」のパスワードを変更する アカウント「guest」のデフォルトの認証情報は一般に知られています。第三者にログインされないよう、アカウント「guest」のパスワードを変更してください。 *当該製品の認証情報を信頼できないユーザに使用させない アカウント「guest」でログイン可能なユーザは、本脆弱性を使用して当該製品を攻撃することが可能です。当該製品にログイン可能なユーザを適切に管理してください。 *ファイアウォール機能を有効にする 当該製品にはファイアウォール機能が実装されており、デフォルトで有効になっています。WAN 側からの意図しないアクセスを防ぐため、ファイアウォール機能を有効にしてください。

CVSS による深刻度

攻撃元区分隣接
攻撃条件の複雑さ
攻撃前の認証要否単一
機密性への影響(C)部分的
完全性への影響(I)部分的
可用性への影響(A)部分的

関連タグ